+86-757-8128-5193

展覧会

ホーム > 展覧会 > 本文

エレクトロニクスに革命を起こす液体金属ナノプリンティング

AB.png 厚い原子だけの集積回路を作るために液体金属を使用する新しい技術は、エレクトロニクスの次の大きな前進につながる可能性があります。


このプロセスにより、1.5ナノメトルの深さの大型ウェハの生産が可能になります(1枚の紙を比較すると100,000nmの厚さです)。


他の技術は、品質面では信頼性が低く、スケルアップが難しく、550度以上の非常に高い温度でのみ機能することが証明されています。


RMITの工学部のKourosh Kalantar-zadeh教授がこのプロジェクトを率いており、RMITの研究員や CSIRO 、Monash University、 North Carolina State University California大学の研究者も参加しました 同氏は、エレクトロニクス産業が障壁にぶつかったと語った。 「自動車エンジンの基本技術は1920年以来進歩しておらず、今ではエレクトロニクスも同様です。携帯電話やコンピュタは5年前ほど強力ではありませんから、この新しい2D印刷技術は非常に重要です。非常に薄い電子チップを同一面上に搭載することで、処理能力が大幅に向上し、コストが削減され、エレクトロニクスの次世代革新が可能になります」


RMITと CSIROの 研究者であるベンジャミン·キャリ(Benjamin Carey)は、 原子の厚い電子ウェハを作成する と、 現在のチップ製造の限界を克服することができると述べています。 また、非常に曲げやすい材料を生産し、フレキシブルなエレクトロニクスのための道を開くことができました。 "しかし、現在の技術はどれも、工業的規模のチップ製造に有用な、大面積の原子状に薄い半導体の均一な表面を作ることはできません。その解決策は、低融点金属ガリウムとインジウムこれらの金属は、その表面に原子レベルで薄い酸化物の層を作り、それを自然に保護します。この薄い酸化物は、我々の製造方法で使用しています。液体金属を圧延することによって、酸化物層を電子ウェハウェハの表面を前処理して個々のトランジスタを形成することができます。この新しい方法を使用して、非常に高い利得と非常に高い製造信頼性を持つトランジスタと光検出器を大規模に作成しました。


新しい技術の概要を述べた論文、「液体金属の印刷された酸化皮からのウエハスケル2次元半導体」は、Nature Communications誌に掲載されています。

ホーム | 我々について | 製品 | ニュース | 展覧会 | お問い合わせ | フィードバック | 携帯電話 | XML | メインページ

TEL: +86-757-8128-5193  E-mail: chinananomaterials@aliyun.com

広東省南海 ETEB テクノロジー株式会社